東和歌山支店 営業課(マネーアドバイザー)
久保 里衣
2013年入行

総合職エリアコース

コース制度を見る

お客さまにかけていただいた言葉が
キャリアのターニングポイントになりました

マネーアドバイザーとして、主にご来店いただいたお客さまに対して、資産運用などの相談業務を行っています。
私にとって、退職金の運用相談で来店されたお客さまからいただいた言葉が、キャリアのターニングポイントになりました。お話をする中でお客さまと一緒にセカンドライフについて考え、今後のライフプランに合わせた資産運用をご提案したところ、「今までお金に関することはなかなか他人に相談できなかったけれど、久保さんなら安心!これからも相談に乗ってね」と、満面の笑顔で言ってくださりました。とてもうれしく感じるとともにマネーアドバイザーとしてのやりがいを感じた瞬間でした。この経験によって、自分の仕事がお客さまの人生設計を任せていただく責任があると改めて感じ、さらなるスキルアップを目指したいと思いました。
マネーアドバイザーとして大切なことは、お客さまに信頼される存在であることだと思います。そのために、毎朝必ず新聞や相場のニュースをチェックし情報収集しています。また、応対するお客さま一人ひとりが何を求めておられるのかを常に考え、真の顧客満足につながるよう努めています。

他部署との関わり

お客さまと深く関わることのできるマネーアドバイザーを目指し、
総合職エリアコースにコース転換

私は当初CA職コースで入行しました。窓口担当者として銀行業務を学ぶ中で、お客さまとより深く関わることのできる業務に携わりたいと思い、総合職エリアコースへのコース転換を決意し、マネーアドバイザーになりました。お客さま一人ひとりによりよい提案ができるように、ファイナンシャルプランナーなどの資格取得にも力を入れて取り組みました。
お振込みなどで来店されたお客さまへのお声かけから、成約につながることも多いので、窓口担当者との連携はとても大切です。スムーズな連携ができるよう定期的にミーティングや勉強会を開催し、後輩の指導にも積極的に取り組んでいます。ニーズのありそうなお客さまの情報を窓口でキャッチし、お話をお伺いすることで、ニーズに合った商品を提案し成約できた時はとてもうれしいです。私たちは個人で仕事をしているのではなく、支店全員で力を合わせて取り組んでおり、チームワークがとても大切だと日々実感しています。これからも多くのお客さまのお役に立てるよう日々全力で仕事に取り組んでいきます。