営業支援部 M&A担当
松本 成
2012年入行
(取材当時)

総合職フリーコース

お客さまの「想い」を受け止め、理解することが
信頼を得る近道となります

お客さまの経営に関わることができ、専門的な知識を身に付けたいと思い銀行員を目指しました。その中で、当行では本来の銀行業務だけでなく、お客さまのより深い経営課題についてコンサルティングを行う「営業支援部コンサルティング営業室」があり、支店と本部が一丸となってお客さまにソリューションを提供できる点に魅力を感じました。実際に入行し、営業支援部や融資部などさまざまな部署と連携することが多く、銀行全体でお客さまの力になろうとする場面を目の当たりにし、自分が入行前に感じていたことは正しかったと実感しています。
私が所属する営業支援部コンサルティング営業室は、取引先企業のさまざまな経営課題に対してコンサルティング業務を行う部署であり、その中で私はM&A業務を担当しています。 近年、国内企業の約3分の2が後継者不在といわれており、当行の営業エリアである和歌山県も例外ではなく、事業承継対策の必要性が高まっています。
事業承継問題の解決策の一つとしてM&Aは有効な選択肢であり、お客さまからの「譲渡ニーズ」は年々増加しています。譲渡企業の経営者にとって会社は自分の人生そのものです。私は経営者それぞれの「想い」を理解し、事業だけでなく、経営者の「想い」も一緒に譲り受けてもらえるような相手探しを心掛けています。会社の行く末を決めるプレッシャーの大きな仕事ですが、M&A成立後、「私や従業員の想いを汲んでくれたことが非常にうれしかった。安心して譲渡できるお相手を見つけてくれて本当にありがとう」とおっしゃっていただいたことはいつまでも忘れません。

他部署との関わり

年齢問わずキャリアアップに挑戦できる環境です

私はもともと入行時から企業同士を結び付けるM&A業務に興味があり、営業店で法人営業のノウハウを培った後、公募派遣研修制度を利用して、M&A業務を専門とする企業へ1年間派遣研修生として出向させてもらいました。同制度は公募制で外部機関や他社への派遣者を募る制度であり、自身が目指すキャリアアップを実現できる制度です。派遣先企業では高度な専門スキルやノウハウはもちろん、銀行では培えない知見を学ぶことができ、社会人としてスキルアップを図ることができました。派遣研修修了後は営業支援部において、念願のM&A業務を担当しています。
当行は若手でも責任のあるポジションに積極的に登用する銀行であり、チャレンジできる環境だからこそ、行員一人ひとりがモチベーション高く仕事に取り組んでいます。私自身も事業承継問題を抱える取引先を1社でも多くサポートするという強い思いを持ってこれからも活動していきたいと思います。

同じ職種の行員