法人新規開拓室(法人営業)
中川 誠也
2015年入行
(取材当時)

総合職フリーコース

1社でも多く当行のファンを作ることが
私のミッションです

私は持ち前の好奇心を生かして、何事にも果敢に挑戦できる会社で働きたいと思い就職活動を行っていました。当行の説明会に参加した際に、行員一人ひとりが活躍し成長できる環境が整っていること、個人を尊重する社風であることに魅力を感じ、入行を決意しました。
私が所属する法人新規開拓室は、大阪市内を中心にまだ取引のない優良企業に対して新規開拓営業を行う部署です。金融機関が密集する大阪市内エリアにおいて、1社でも多くの企業に知っていただく機会を作り、末永くファンになっていただくことを目指しています。企業との接点を強化するためには、財務知識はもちろんのこと、税務知識や法務知識、業界情報など幅広い知識が求められます。各企業のニーズにマッチしたアプローチを行うために、新聞やニュースから情報収集をするほか、常に相場や市場動向を意識するなど、アンテナを張り巡らせるようにしています。
また、当室は法人営業を目指す若手行員の登竜門となっており、同期や年齢の近い先輩方と関わりを多く持つことができます。同じ志を持つ同僚と切磋琢磨できる環境で、さまざまな経験を積むことで「人」として成長し、将来は「人」を惹きつける銀行員になりたいと思います。

他部署との関わり

キャリアプランの実現に向けた大きな一歩となりました

銀行員として大きなターニングポイントとなったのは、当行の人事制度である「キャリアチャレンジ制度」に応募し、現部署に配属されたことです。当行では、行員が思い描くキャリアプランを実現するために、自ら希望の部署を志願できる本制度が制定されています。私自身、以前は営業店で法人営業を担当し、当行ファンのお客さまと関わってきたことで、そのようなお客さまを一社でも多く増やしたいと強く思い、本制度を利用しました。自分で手を挙げてつかんだ仕事ですので、覚悟を持って当行ファンを増やすというミッションを達成したいと考えています。

同じ職種の行員