営業支援部 プライベートバンキングデスク
小畑 里衣
2013年入行
(取材当時)

総合職エリアコース

若手行員の成長が
自分自身のモチベーション向上につながります

私は、当初CA職コースで入行し、窓口業務を担当していましたが、お客さまとより深く関わることのできる業務に携わりたいと思い、総合職エリアコースへコース転換しました。
コース転換後は、営業店でリテール営業を経験し、現在は営業支援部プライベートバンキングデスクにおいて、金融商品販売に関する営業店支援業務を行っています。また、経験の浅いリテール営業、窓口担当者への業務指導も行っており、人材育成も重要な仕事の一つとなっています。
お客さま一人ひとりに合ったアドバイスができるよう、さまざまな情報を日々収集するようにしています。また、実際にお客さまとお話しする際は、お客さまに合わせた会話を心掛けています。例えば、高齢のお客さまであれば、ゆっくりとわかりやすいようにお話しし、会社の社長など忙しいお客さまであれば、なるべく端的に話すなど、円滑にコミュニケーションを取れるように気を付けています。
営業店の担当者と一緒にお客さまの悩みを解決できた時の達成感や、その時に「小畑さんに相談してよかった」と若手行員から言ってもらえた時はとてもうれしいですし、一番のやりがいを感じます。

他部署との関わり

本部と各支店のつながりの強さを
実感できる職場です

当行の強みは、本部と各支店がしっかりと協力し業務に取り組んでいることです。私も担当する各支店の若手行員と密に連絡を取り合って、課題や悩みを常に確認しながら、モチベーションアップをサポートしています。
私は、この業務に携わる上で、知識面での指導に偏らないように心掛けています。経験の浅いリテール担当者は不安や焦りなどを感じることも多いので、困っている課題や悩みをしっかりと聞き、良き相談相手としてメンタル面のサポートも行っています。
若手行員のレベルアップを通じて銀行の成長に貢献ができるよう、私自身も常に自己研鑽に努めています。

同じ職種の行員