大阪支店 営業課(法人営業)
小畑 良太
2015年入行
(取材当時)

総合職フリーコース

すべてのお客さまに対して熱意を持って
対応することを心掛けています

就職活動開始当初は金融業界に興味を持っていませんでしたが、当行のセミナーや面談を通じて、地元である和歌山・大阪の発展に貢献したいという思いを強く持ったのが、当行へ入行した理由です。実際に働いてみると、仕事を通じて地域のお客さまをあらゆる面でサポートできると実感しています。
私が所属する大阪支店は、60年以上の歴史があり、大阪府下の根幹となる店舗です。その中で私は、大企業から中小企業まで幅広く担当しており、各企業の経営課題解決に向けた取り組みを行っています。最近では、新規事業を開始されたお客さまに対して、営業支援部コンサルティング営業室と連携し、クラウドファンディングという新たな資金調達の方法を提案しました。担当者として自ら知恵を絞るのは当然ですが、本部と連携を図り専門的なツールを生かした提案を行うことで、お客さまに対してより質の高い情報やサービスを提供することを心掛けています。今後も多角な観点からお客さまのニーズを把握し、柔軟に対応できるよう、私自身のスキルアップに努めていきたいと考えています。

他部署との関わり

どんな悩みでも第一に相談していただける
営業担当者になることが私の大きな目標です

私のターニングポイントは営業課に配属され、初めて融資を行ったときです。担当のお客さまと会話をする中で、人手不足が経営課題であることをキャッチ。そこで、すぐさま当行で連携している人材派遣会社を紹介したところ、「他行さんは融資の提案ばかりだけど、紀陽さんはしっかり会社の課題解決を提案してくれますね」と大変喜んでいただき、人材の紹介はもちろん融資取引まで採択していただきました。この事例を通じて、どんな悩みにでも真剣に応えることで、お客さまとの信頼を構築できると実感しました。
当行は若手行員でも責任のある仕事やチャレンジする機会を多く与えてくれます。私自身、入行3年目から銀行の主要業務である法人営業を任されています。同様に法人営業担当や本部スタッフとして働いている同期も多く、先輩たちも若くしてさまざまなフィールドで活躍しています。年齢問わず、成長意識が高く、切磋琢磨できる環境であることが当行の最大の魅力だと感じています。

同じ職種の行員