堀止支店 営業課(リテール担当)
家永 小春
2016年入行
(取材当時)

総合職エリアコース

お客さまからいただいた感謝の言葉が
仕事のやりがいにつながっています

私は現在、営業店のリテール担当者として、お客さまのお宅へ訪問し、資産運用や資産活用などの相談業務を行っています。
所属する堀止支店は、交通量の多い大通りに位置し、和歌山市内における基幹店舗の一つとなっています。また、店舗の周辺には、閑静な住宅街が広がっており、多くのお客さまに当行を利用いただいています。その中には、資産活用や相続などに悩まれている富裕層の方も多く、地域にとってなくてはならない銀行として、重要な役割を担っています。
リテール営業の担当者として大切なことは、お客さまに信頼される存在であることだと思います。そのために、先輩方と相場の勉強会を開いたり、毎朝必ず新聞をチェックしたり、トレンドのニュースを抑えておくなどさまざまな情報収集を心掛けています。お客さまの悩みに対し、よりよい提案ができるよう、常に向上心を持って、より多くの知識を習得できるよう努力しています。
担当するお客さまから、「家永さんの説明はすごくわかりやすいわ。これからも相談に乗ってね」と言っていただいた際には、とてもうれしかったのと同時に仕事のやりがいを感じました。
私自身、就職活動では、お客さまの良き相談相手となり、信頼され、喜んでいただけるような存在となりたいと思い、銀行員を目指していたので、こうしてお客さまから感謝の言葉をいただくと、仕事へのモチベーションも上がります。

他部署との関わり

若手行員が失敗を恐れず
チャレンジできる環境があります

紀陽銀行で働いて実感したのは、働いている行員の温かさです。仕事を通じて自分自身が成長していく中で、困ったことやわからないことがたくさん出てきますが、その都度アドバイスをくださる経験豊富な上司や先輩方が、非常に心強い存在となっています。お客さまからいただいた相談などで悩んだ時には、一緒になって考えてくださる先輩方がいるので、どんな時でも失敗を恐れずにチャレンジできる環境があると感じます。
私たちは自分ひとりで仕事をしているのではなく、支店全員で力を合わせて取り組んでおり、チームワークがとても大切だと日々実感しています。
この環境を十分に生かして、自己成長するとともに、多くのお客さまの役に立てるよう日々全力で取り組んでいます。

同じ職種の行員