鴻池新田支店 営業課(法人営業)
石神 理志
2011年入行
(取材当時)

総合職フリーコース

お客さまのために自己成長し続ける

銀行の仕事は決まった商品を提供するのではなく、形のないサービスを提供する仕事です。お客さまのさまざまなニーズに応えるためには、知識やノウハウの蓄積など自己成長が必要不可欠であり、私は仕事を通じて自己成長できる銀行に興味を持ちました。その中でコンサルティング営業を強みとする当行であれば、まさに自分自身で培った知識やノウハウを存分に発揮できると感じ、当行を志望しました。
私が所属する鴻池新田支店は、技術力の高い中小企業が集結する東大阪市に位置しています。鴻池新田支店は、金融機関がひしめく激戦区において、大阪における当行の存在感を高める非常に重要な役割を担っています。
鴻池新田支店の営業課には9名の営業担当者がおり、その一員として、約100社の企業を担当する法人営業を行っています。お客さまのニーズはさまざまですが、長い歴史を持つ東大阪の企業の多くが、今後の後継者問題を経営課題として挙げています。実際に私自身も担当しているお客さまに対して、自社の事業を理解し、必要としてくれる会社にM&Aで引き継いでもらう提案を行い、双方から大変感謝された経験があります。法人営業で最も大切なことは、お客さまをよく知ることです。特に長年培ってきた会社の歴史や社長の思いを受け止め、担当者として責任感を持ってサポートできるよう日々意識して活動しています。

他部署との関わり

すべてのお客さまに真摯に対応することが
営業活動の基本となります

たくさんのお客さまとかかわってきた中で、私のターニングポイントとなったエピソードがあります。そのお客さまとは以前から取引はあったものの、他行に比べ取引が浅く、当行は3番手のポジションでした。そのような状況において、ある時、メインバンクの担当者ではなく、私に直々に社長から融資を受けたいとの依頼がありました。普段なかなか会うことのできない社長からの突然の依頼であったため、私自身なぜメインバンクではなく当行なのかと疑問を持ちましたが、無事に融資取り組みまで行い、お客さまの要望に応えることができました。後日、社長より「石神さんは従業員一人ひとりに対してとても丁寧な対応をしてくれると経理担当から聞き、弊社の大事な従業員を大切にしてくれる石神さんに今回お願いしました」とのうれしいお言葉をいただきました。
企業は従業員あって成り立つということを実感すると同時に、自分の営業スタイルは間違っていなかったと確信した瞬間でした。

同じ職種の行員