事業戦略

私たち紀陽銀行は、お客さまにより質の高い金融サービスを提供し、和歌山をはじめとする地域の発展に貢献するために、5年先・10年先を見据えた事業戦略を立て、その戦略に基づいて事業を展開しています。
ここには“私たちに求められること”、“私たちができること”を読み解く、未来の紀陽銀行があります。

>>詳しくはこちらのPDFをご覧ください

第5次中期経営計画medium-term management plan

「中小企業取引において圧倒的競争力を有する地方銀行を目指す」

お客さまのさまざまなニーズに素早く的確に応え、核心的な課題に寄り添い、解決策を提供していくことを基本行動としています。

「どんな課題にも本気で向き合い、お客さまの期待をこえる銀行」となる。

120年以上の歴史がある紀陽銀行。
ブランドスローガン「銀行をこえる銀行へ」を掲げ、新たな価値を創造する革新的な銀行を目指し、地域における更なる存在感の向上と収益性の強化を図ってまいります。

3つの戦略を柱に、さらなる飛躍を目指す。

第5次中期経営計画では、主要テーマに基づき以下の2つの主要戦略を柱としています。

  1. 中小企業向け貸出を起点としたビジネスモデルの深化
  2. 競争力を拡大する新しい営業体制の構築
大阪マーケットでさらなるシェア拡大を

大阪マーケットで
さらなるシェア拡大を。

圧倒的な情報力を有し、さまざまなネットワーク網を築きあげ、お客さまの期待に応えてきた地元和歌山での実績。
このノウハウを大阪エリアにも拡げ、これまで以上に地域の発展に貢献していきます。

FM802とのコラボレーションでライブや店舗チャネルを展開

FM802とのコラボレーションでライブや店舗チャネルを展開。

関西のラジオ局「FM802」が主催するライブイベントにメインスポンサーとして協賛。毎年4月末には大阪城ホールで毎回1万人を動員する「REQUESTAGE」で若年層に新しい銀行のイメージを発信しています。
また、2018年6月には、FM802とのコラボレーションによる新形態の店舗「Kiyo Bank×802 NAMBA SQUARE」をオープン。
金融サービスを提供するだけでなく、地域の魅力や音楽といった情報発信を行うなど従来の枠にとらわれない新たな店舗チャネルも提供しております。